にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 2013年08月02日
FC2ブログ
せかい君のこと
こんばんは、スタッフの北川です。


前回ご紹介したねこちゃんなのですが、


せかい君は入院してしばらくは神経症状が出ていてフラフラしていました。


上手く歩く事・座ることが出来ませんでした。


数時間後に落ち着いて座っていることができるようになりました。


酸素室に入っているから呼吸も少し落ち着いたように感じました。


CIMG8912.jpg


その様子を見て、私はブログにせかい君のことを紹介させてもらいました。


しかし、その後容態は回復に向かってくれることはありませんでした。


何らかの影響で脳に影響を及ぼし、口から泡状のものがでたり、意識がボーっとしていている様子でした。


そして、視力さえも失ってしまいました。


入院翌日の夜、お母さんに事情をお話しておうちに帰る事になりました。


せかい君のお母さんはとても強くて、とても優しい方です。


「せかいの治療は先生にお任せします。


 ただ、最期の時は一緒に過ごしてあげたいと思っています。」


そのお言葉を面会に来て頂いた時におしゃっていました。


退院時には悲しみをこらえながら「せかい、帰ろうね」と声をかけ


精一杯の笑顔で


「先生!ありがとうございました! また明日、診察に来ますね!」


と、おっしゃってくださいました。


退院翌日、受付でせかい君のお母さんが来てくれるのをずっと待っていました。


ずっと外を気にしたまま、診察が終わってしまいました。


しばらく経ってからいつものように患者さんからのメールの確認をすると


せかい君のお母さんから、せかい君が天国に旅立ったというご連絡がありました。


最期のせかい君はお母さんが仕事から帰ってくるのを待っていて天国へ旅立ったそうです。


優しいお母さんに悲しい思いをさせないようにと、頑張ったんだね。


せかい君もとても強くて、優しい子でした。


せかい君はもうすぐで生後3カ月になる頃でした。


急に容態が悪くなり、治すどころか進行を止めてあげる事もできませんでした。


症状で脳内の異常というのは明らかでした。それが腫瘍なのか、脳炎なのか


確定診断をつけるために麻酔をかけてMRIをとるか。。。。


そういう事をできる状況でもありませんでした。


今回、せかい君が天国に旅立ったあとにも改めて


お話させて頂いたのは、せかい君を通じて身近な大切な命を守ってあげて欲しいと


切に願うお母さんの願いがあった為です。


特に免疫力が弱く、体力のない子猫ちゃん・子犬ちゃんは


体調の変化に気づいたら早めに診察を受けてあげてください。


助けられる命もあるはずです。


せかい君のお母さんのように強く、優しい人になりたいと思った方は


こちらをおねがいします。
   ↓
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村


バナー


↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明) 
スポンサーサイト



[2013/08/02 20:18 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |