にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 2014年04月06日
FC2ブログ
肺水腫で緊急入院
こんばんは、スタッフの北川です


今、酸素室に入院中のハチ君です。


ハチ君1


ハチ君は時間外にお電話を頂いたわんこちゃんです。


早朝から呼吸がおかしくてどこか診てもらえる病院を探して


色々な病院に電話をされていました。


電話内容から緊急性があると判断し、急いで病院に向かった先生。


ハチ君は心臓病からくる「肺水腫」(はいすいしゅ)でした。


心臓が限界まで達していて、呼吸困難になっていました。


心臓病が悪化し肺に水が貯まっている状態です。


どのくらい苦しいかというと、水の中で溺れているのと


同じくらいです。


無処置でこの状態が続けば間違いなく亡くなってしまいます。


今回は飼い主様の正確な判断によりすぐに治療が始めることができました。


入院したばかりの時は息苦しさから食欲もなく、


穏やかに眠る事さえもできない状態でした。


しかし、数日たつと呼吸が徐々に落ち着き


少しずつ食べるものに関心を示すようになりました。


「ちらっ」
ハチ君3


そして、ササミを少しずつ食べてくれるまでに回復してくれました。


このまま呼吸が落ち着き、酸素室から出られるといいね。


入院してから毎日面会に来てくださるご家族の励ましの


おかげでさみしい思いをせずに治療を受けられています。


しっかりと呼吸が改善したらおうちに帰ろうね。


ハチ君2


心臓病のわんちゃんの多くが「咳」をし出して来院されます。


わんちゃんの咳はまるで喉になにか詰まってしまったのかと


思わせるようなものです。


ダチョウの鳴き声にもよく例えられます。


「ゲホッゲホッ」ではなく「ガァーッガァーッ」という音に聞こえます。


年齢が大きくなってこんな咳をし始めたら早めに


受診してくださいね。


そして、心臓病があるわんちゃんは呼吸状態がおかしいと


感じたらすぐに受診してくださいね。


呼吸の状態が悪いという事は生命の危機だと思って


大切なペットの健康管理をしてあげてください。


緊急性があるかわからない時は病院に


確認することも大切だね!!と思った人は


下をぽちっとお願いします
    ↓ (ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村


バナー


↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明)
スポンサーサイト



[2014/04/06 23:02 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |