にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 2014年06月22日
FC2ブログ
シーズーちゃんの帝王切開
こんにちは、スタッフの北川です(*´ω`*)


以前紹介したシーズのわんこちゃん、(詳しくはコチラ)


帝王切開で無事、出産をしました。


今回はその時の様子をお伝えします。


当初、出産予定日は6月10日でしたが1日遅れて


出産の兆候があらわれました。通常、初産の子は


2~3日生まれるのが早くなる子が多いのですが今回は


1日遅れていました。11日の夕方から落ち着かない様子で


呼吸もハァハァし出したという事でご家族は


「そろそろかな・・・・」落ち着いて見守ってくださっていました。


しかし、夜になってもしっかりとした陣痛は来ず、


ずっとハァハァしている状態という事で、連絡を頂き


エコーとレントゲンで赤ちゃんの様子を確認させてもらいました。


特にまだ赤ちゃんが降りてきている様子もなかったので


そこから2~3時間また自宅で様子を見て頂きました。


そして23時過ぎに病院から連絡をした所まだ陣痛が来ないという事で


ご家族と話し合い、このまま様子をみても自然分娩は


難しいかもしれない・・・ということで


母体と赤ちゃんの事を考え帝王切開をおこなうことに決めました。


CIMG8941.jpg


帝王切開は赤ちゃんの事も考えなければいけないので


麻酔を慎重に、そして手術は迅速におこなう必要があります。


麻酔を深くかけすぎたり、赤ちゃんを取り出すのが遅くなれば


赤ちゃんにまで麻酔が深くかかってしまい命の危険があるからです。


お腹を切開し、子宮が出てきました。


CIMG8943.jpg


4頭の赤ちゃんが入っているので子宮はパンパンです。


そして、子宮から1頭ずつ赤ちゃんを取り出します。


CIMG8945.jpg


CIMG8944.jpg


赤ちゃんはこのように膜に覆われています。


膜を破り、へその緒を糸で結び、へその緒を切ります。


CIMG8946.jpg


そして、体の水分をタオルでゴシゴシ拭き取りながら


刺激を与え、自分で呼吸するように促します。


CIMG8948.jpg


CIMG8947.jpg


今回の赤ちゃんたちはタオルで拭いていると


すぐに 「ミューッ!ミューッ!」と鳴いてくれました。


鳴くという事は自分の力で呼吸ができているという証拠です。


CIMG8949.jpg


CIMG8950.jpg


1列に並んでいるのがカワイイですね( *´艸`)


お母さんワンコの手術が終えるまで子犬ちゃんはしばらく待機です(*´ω`*)


CIMG8952.jpg


術後、30~40分ほどでお母さんワンコも麻酔から覚めて


意識がしっかりしてきます。


CIMG8953.jpg


お母さんワンコにとっては大変なのがこれから(>_<)


おうちに帰ってすぐに子育てが始まるんです!


こんな感じで・・・・・・


CIMG8954.jpg


おっぱいを勢いよく吸っていました( *´艸`)


その後、診察で何度か赤ちゃんの様子を診せて頂きましたが


みんな元気に育ってくれています☆


お母さんワンコも赤ちゃんも元気で良かった(*´ω`*)


と思った方は下をぽちっとお願いします
    ↓ (ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村


バナー


↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明)
スポンサーサイト



[2014/06/22 23:51 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |