にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 2014年06月28日
FC2ブログ
ねこちゃんの胸水抜き
こんにちは、スタッフの北川です


先日、呼吸が荒く、苦しそうな猫ちゃんが来院されました


呼吸が悪い子の診察は慎重におこなわなければいけません。


動物を興奮させてしまうと、さらに呼吸が荒くなり


診察中に亡くなってしまう危険性もあるからです。


今回来院された猫ちゃんはとても怖がりな子だった為


検査はかなり慎重におこないました。


CIMG9090.jpg


レントゲン検査とエコー検査をおこない、胸に異常がある事がわかりました。


胸には腫瘍ができており、心臓の周りには液体がたまっていました。


そこで飼い主様に事情を説明して胸水を抜くことになりました。


胸水抜きは麻酔をかけておこないます。


ただでさえ呼吸が悪いのですから麻酔はリスクがあります。


しかし、液体を抜くことで少しでも呼吸が改善されればという事で


麻酔をかけて処置をしました。


CIMG9102-1.jpg


エコーで心臓の位置など確認しながら慎重に針を刺します。


右の胸から50mlほど液体が抜けました。


CIMG9103-1.jpg


飼い主様とのお話しで、ねこちゃんの性格を考えて


確定診断や積極的な治療はおこなわず、少しでも楽になるようにと


今後は内服、食欲がない時は点滴・注射に通って頂く事になりました。


呼吸が荒いかなと感じたら様子を見るのではなく早めの受診を


おすすめ致します。


呼吸が荒い=「命の危険」なんだなぁ・・と感じた方は


下をぽちっとお願いします
   ↓
 ↓ (ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村


バナー


↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明)
スポンサーサイト



[2014/06/28 11:37 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |