にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 2014年07月15日
FC2ブログ
湿性皮膚炎
こんにちは、スタッフの谷です


二週間前に愛猫ララの脇が大変なことになっていました


いつも舐めてない所を舐めていたので見てみると


ハゲていました


IMG_7951.png


アップにすると…


IMG_7952.png


私はまさかストレス…!?と心配になり、


先生に診ていただきました。




湿性皮膚炎(しっせいひふえん)という病気でした。


急性湿疹やホットスポットとも呼ばれています。


この皮膚炎は首・肩から背中にかけて見られますが、


足や顔などにもできることもあります。


高温多湿の環境(夏)、アレルギー(ノミ、アトピー、食物など)、


被毛の密度や長さ、被毛の手入れ不足(毛玉)などと関係しています。


高温多湿のある日突然発症することが多く、


前日までは何でもなかったのに朝起きたら


毛が大量に抜けていたということもよくあります。




症状としては皮膚表面だけですが、痛みと痒みが非常に強く、


舐めたくってしまい、広範囲な脱毛します。


皮膚は熱を持ち、ひどい場合にはびらん状にただれて赤く見えたり、


表面に膿が付着して黄色く見えたりすることもあります。


出血や体液で周囲の毛もジュクジュクと濡れ、臭いニオイがします。




治療は皮膚炎が小さい場合には患部を薬用シャンプーでよく洗浄した後に


消毒、塗り薬を使って治していきます。


皮膚炎が大きい場合や症状がひどい場合には内服薬でします。



ララは2番目の症状だったので内服薬で治療しました。


まず一週間しましたがまだ少し湿疹があったので


もう一週間内服を続けました。


IMG_7954.png


皮膚はキレイになりました


毛が生えてくるまでは一ヶ月かかりますが、


症状がなくなってホッとしました




言葉を話さない分、私たちが気付いてあげなきゃいけないなと思った方は


下をぽちっとお願いします
    ↓ (ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村


バナー


↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明)
スポンサーサイト



[2014/07/15 17:00 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |