にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 2014年12月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
陰部から膿が出ている
こんばんは、スタッフの谷です








今日は病気についてです


CIMG0202.jpg


上の写真は先日来院された12歳の


女の子のワンちゃんの陰部です。


陰部から膿が出ているのがわかりますか?


CIMG0199_201412161032570c0.jpg


床にポタ、ポタ、落ちる程です。




ワンちゃんの症状は


陰部から膿が出ていて、


食欲がなく吐いているという事でした。


エコー検査と血液検査をした結果、


子宮蓄膿症でした。


子宮蓄膿症とは、


避妊手術をしていない5歳以降の女の子の


子宮の中に膿がたまってしまう病気です。


夕方の診察時間にみえたワンちゃん


診察が終わり、すぐ手術をしました。


IMG_9226.jpg


膿がたまった子宮です。


膿がたまっていてボコボコしています。


そして下の写真が正常の子宮です。


IMG_9227.jpg


細くてツルッとしています。


膿がたまった子宮と正常の子宮では


大きさが全く違います。




ワンちゃんは手術後、


経過良好の為2日後に退院しました








さまざまな病気の予防の為にも


出産の予定がない女の子は


健康なうちに避妊手術をする事を


当院ではオススメしています




避妊手術の大切さをご理解頂いた方は


下をぽちっとお願いします
  ↓ (ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村
バナー
↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明)
スポンサーサイト
[2014/12/23 18:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。