にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 2015年01月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
肛門のできもの
皆様、お久しぶりです、スタッフの北川です


年末、年始はバタバタして皆様に挨拶ができないまま新年を迎えてしまいました。


お正月休み中もたくさんのお問い合わせのお電話を頂き、診察させて頂きました。


本年も皆様と家族である動物たちが健康で過ごせますようお祈りいたします


どうぞ本年もよろしくお願い致します。


では早速、本年最初の病気のお話しです。


まずはこちらを見て頂きましょう。


CIMG0367.jpg


肛門のすぐ上に大きなできものができています。


だんだん大きくなってきて、飼い主様が心配になり来院されました


わんちゃんは12才、未去勢の男の子です


この、肛門付近にできたできものは


『肛門周囲腺腫』(こうもん しゅうい せんしゅ)  という良性の腫瘍です。


良性ですがどんどん大きくなれば、いずれできものが 


はじけて出血をしてきます。


CIMG0368.jpg


こちらのわんちゃんも腫瘍がはじけて出血を繰り返しており


感染を起こしてかなり強い臭いがしていました。


子の腫瘍は男性ホルモンが関与してできているので


治療は去勢手術+肛門のできもの切除になります。


したがって、若い頃に去勢手術をしている男の子には無縁の病気です


こちらが術後の写真です。


CIMG0371.jpg


きれいに切除できました


良性の腫瘍なので緊急で手術をするものではありませんが


やはり少しずつ大きくなってきていると感じた時点で切除を


おすすめします。腫瘍が大きくなれば術後の傷も大きくなりますし


肛門のすぐ近くにできるので、大きくなれば手術も困難になります。


今回のわんちゃんは高齢ではありましたが血液検査では


健康上、問題がありませんでしたので手術当日に退院する事ができました。


未去勢の男の子のわんちゃんはこんな病気もあるのでご注意くださいね。


肛門のできものが無事に切除できて良かった☆


見た目にもすっきりした☆と思った方は


下をぽちっとお願いします
  ↓ (ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

にほんブログ村

バナー
↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明)
スポンサーサイト
[2015/01/14 11:07 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。