にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 急性フィラリア症
FC2ブログ
急性フィラリア症
こんにちは


みなさん、お盆はゆっくりと過ごせましたか??


北川動物病院は昨夜ちょっとバタバタしてました。。。


「咳と血尿」で来院された5歳のMIX犬。


問診票にはフィラリア予防をしていないと記入があり、もしかして・・・・と思い


すぐに診察室に案内しました。


呼吸は荒くとても苦しそうでした。


エコー検査の結果、予想していた通り「フィラリアの急性症状」と診断できました。


フィラリア予防をしていないわんちゃんはフィラリアに感染します。


蚊に刺されることでまず、血液中にフィラリアの子虫が入ってきます。


microfilaria.gif


やがて親虫となり心臓の上にある肺動脈に寄生します。


しかし、何らかの原因によってフィラリアが心臓へと移動してしまうと


心臓の動きをフィラリアが邪魔をしてうまく全身に血液を送れなくなってしまい


苦しくなってしまいます。


CIMG5047.jpg


肺動脈からフィラリアが心臓へと移動した状態を「急性フィラリア症」といいます。


フィラリアが心臓へ移動してしまった時の治療は


危険を承知で心臓からフィラリアを取り出す手術をおこなうしかありません。


c1_08-2.jpg


無治療ではほとんどの場合で助からない命になってしまいます。


しかし、手術を行っても以前のように健康体に戻れるとも限りません。


フィラリアの影響で心臓に後遺症のようなものが残り、


一生内服薬をのんで心臓病と付き合っていく必要があるかもしれません。


昔は「ヒ素」を使ってフィラリアを殺していたようですが、あまりにも危険で今は一般的ではありません。


飼い主さんには積極的に治療するなら手術しかないという話、手術の危険性、後遺症の話、費用の話。


すべてお話した結果、わんちゃんは苦しそうな呼吸をしたまま帰りました。


飼い主さんの理解があっての治療なので残念ですが、なんだか切なくなっちゃいました。


フィラリアって予防できる病気なんですよ。


薬も毎日じゃなくて、この地域では5月~11月までの月に1回でいいんですよ。。。。


CIMG5048.jpg


どうか、動物を家族として迎える時は少しでも長く、共に暮らせるように


病気や、予防についての知識を持って頂きたいと思います。


ペットと長く暮らす為に、最小限の知識は必要なんだ。と思った人は下をぽちっとお願いします
      ↓
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村


バナー


↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明)
スポンサーサイト



[2012/08/18 13:13 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
<<当院の熱中症の患者さんたち | ホーム | 猫ちゃんの手の腫れ>>
コメント
わが家でも20年くらいまえにフィラリアで死んだわんこがいました。病気のことは知りませんでした。その後も、触れない犬がいて薬は飲ませたり飲ませなかったりでした。やはり感染していましたが、治療でなおりました。
今は家の中のワンコだけですが、しっかり予防してあげないと・・・と思っています。
[2012/08/23 08:32] | URL | りくまま #- [ 編集 ] | page top
りくままさん、こんにちはv-290

昔は、フィラリア予防を知らない人の方が多かったと思いますよ。
その頃のわんちゃんの死因はほとんどがフィラリア症だったみたいです。
今は予防をしている子がほとんどなので長生き出来るようになりましたね。
室内で暮らしている子も、蚊の侵入を100%防げるか・・・・まず無理でしょうね。
予防していて後悔した!!というのは聞いたことありませんが、「しっかりと予防していれば・・・」というお話はよく耳にします。
今のお薬はおやつのように美味しい薬もあるので我が家のシーズーは楽しみにしていますv-290
全てのお薬が美味しくなればなればいいのになぁ。。。。と、よく思いますv-290
[2012/08/23 16:57] | URL | 北川動物病院 #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kitagawaac.blog100.fc2.com/tb.php/212-94d87203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |