にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村 北川動物病院 バティのつぶやき 巨大食道症
FC2ブログ
巨大食道症
おはようございます


CIMG6087.jpg


毎日こんな状態で、あまり動けません


今日は『巨大食道症』と、いう病気についてお話します


以前から頻繁に嘔吐をしていたわんちゃんがいました。


入院治療中は吐くこともなく退院しました。


しかし退院後また激しく嘔吐を繰り返すとの事でバリウム検査をしました。


そこでわかったのが『巨大食道症』でした。


バリウムを飲んですぐのレントゲン
橋本 ハッピー0000-1


〇で囲んでいる所が食道です。


通常、食道はレントゲンには映りません。


なぜかというと、食べたものは食道を通過してすぐに胃へ行くからです。


しかし、こちらのわんちゃんは・・・・


バリウムを飲んで数分後のレントゲン
橋本 ハッピー0001-1


バリウムを飲んで5分ほど経過しているのにまだ食道にバリウムが残っていますね。


矢印はわんちゃんが家で食べたソーセージです。


正常なレントゲン
正常0000-1


バリウムはあっという間に食道を通過するので写っていません。


矢印は、胃の中にバリウムが入っている様子です。


通常、食道というのは食べ物が通過する時だけ広がり、その他の時間は閉じています。


040207_2.jpg


しかし「巨大食道症」は食道が拡張したままの状態なので食事を食べてもすぐ吐いてしまいます。


これも巨大食道症の特徴です。


通常の嘔吐は吐く前にお腹が膨らんだりへこんだりして吐きます。


「うっ・・うっ・・おえーっ」という感じです。


しかし巨大食道症は胃まで食べ物が到達せづに吐くので前触れなく口から吐き出します。


「おえーっ」が突然やってきます。


病気の原因は不明で、治療法もありません。


だからと言って、諦める病気でもありません。この病気は家族のケアがとても大事です。


どのようなケアかというと食事の仕方です。


立った状態で食事をとらせたり、食後15~30分立たせた状態にするか抱っこしてもらうのです。


立たせた状態
040207_2-1.jpg



そうすることで食べたものが胃に落ち、吐く事がないようにします。


巨大食道症の子は吐くことが原因で誤嚥性(ごえんせい)の肺炎を引き起こすことがあるので注意が必要です。


その為家族の助けと、かかりつけの先生からの十分な説明がとても重要になりますね


愛犬のちょっとした変化に気づくことが大切なんだなぁ。


と、感じた方は下をぽちっとお願いします
      ↓
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
にほんブログ村


バナー


↓Facebookもやってます!
FBロゴ (透明)
スポンサーサイト



[2012/12/02 09:52 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<緊急:愛犬がいなくなりました | ホーム | パピーパーティーその2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kitagawaac.blog100.fc2.com/tb.php/247-634a3f60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |